· 

自分らしく働くとは①

神奈川県大和市在住の整理収納アドバイザー 奥田明子です。

2012年6月に、片付けが苦手でなんとかしたい、と思って整理収納アドバイザー2級認定講座を受けた頃は、とあるショップで洋服の販売をしていました。また保育園に預けている都合上、勤務時間が足りない場合もあるので、別の仕事もしていました。
どうせならプロとして活動できる整理収納アドバイザー1級も学んでみようと勉強をはじめました。

その頃、テレビで掃除と整理収納のプロである方の特集を見て、翌日、その方が働いている会社の家事代行のお店が近くにあることを知り、勢いで応募。整理収納アドバイザー1級の合格前から1年ちょっと家事代行でお掃除の仕事をしていました。

2013年12月、1級に合格して、ゴールに立ったつもりが何もできない現実に気が付きました。
ただ持っているのは「働くママで片付けに悩んでいる方にラクになってほしい」という想いくらいです。

合格前から準備してすぐに開業している同期、すぐに雑誌に載ったり華やかに活動している仲間もいて、どうしたものか、と考えていました。

別の仕事をしながら、せっかく取った資格を活かしたいと思い、とりあえず上位資格の取得を目指します。
2013年に「整理収納コンサルタント」の講座を受けました。

整理収納コンサルタントは、2日間講座を受け、その後、筆記試験と口頭試問があります。
当時、難しいと聞いていた口頭試問は1回で合格。

ここで、20代にしていた販売の仕事でたくさんの方と話していたことが強みになる、ということに少しだけ気づきました。
筆記試験が合格点にギリギリ足りず、再試験で2013年7月に合格しました。

ただ、コンサルタントの資格を取ったから、といって仕事が入るわけではありません。
ブログも特に何を書いていいか、相変わらずわかりません。
この頃、友人の家を経験を積むため、無料で作業もしていました。また先輩方にアシスタントで現場に行きたいとお願いもしていました。別の仕事をしているため、せっかく声をかけていただいたのに行けない、せつない気持ちもありました。

 

次に目指したのが、私が転機になった「整理収納アドバイザー2級認定講座」を開催できる講師の資格、でした。

(続きます)