· 

しなやかに働くとは⑤

愛知県名古屋市の整理収納アドバイザー

小川奈々です

 

今日は病院勤務時代の朝活

「読書会」について書いてみます

 

病院の朝はとにかく早い!!

8:15にはシャッターが開いて

患者さんの受付が始まりますので

8:00には仕事開始に向けての準備を

済ませておかなければなりません

 

その上

深夜残業も多いものですから

なおさら朝は辛い

 

 

それに輪をかけるかの様に始まったのが

7:00からの「読書会」でした

 

 

指定された課題図書を各自購入

次回までに読んで感想をシェアするという

内容でした

 

 

体力的な事を言うと眠い目をこすりながら

なかなかハードなのですが

何故か楽しかったんですね

意外にも…

 

思い出深い本を3冊ご紹介します

 

 

【No.1 ディズニー7つの法則 】

 

 

【No.2 仕事は楽しいかね?】

表紙を見ただけでもすぐに

ディスカッションが始まりそうな…

楽しくないけど

楽しくてもいいの!?みたいな

強烈なタイトルでした

 

 

 【No.3 帰るを食べてしまえ】

面倒な仕事程

朝一番に終わらせてしまおうという

内容です 

この法則は

今でもずっと活用しています

 

ーーーーーーー

 

勤めている頃は

未熟でしたので

愚かなことに

大変さばかりに目が向いていましたが

 

起業して振り返って思うことは

 

・お給料を頂きながら学びの場まで提供してもらっていた

・成長して欲しいという愛情でご指導頂いていた

・特にこの本は読んだら独立する人(=退職者)を

増やすかも知れないのにどうして勧めて下さったのだろうか?

 

などです

 

今から16位前のお話です

 

今でこそ

起業がブームとなり

朝活だの読書会など耳にする様になりましたが

 

当時はどうだったのでしょうね

 

大半の時間を病院で過ごす

井の中の蛙でしたので

周りの事はよく分かりませんが

 

すごく恵まれた環境を

与えて頂いていたのだと

今だからこそ余計に

感謝の気持ちが湧いて来ます

 

 

人を雇うのも

集まる場所=空間を確保するのも

コストと労力が掛かります

 

勉強会を開けるなんて

そんな事をいとも簡単にクリアした

先の話

 

本当にすごい事なんだなと

痛感しています

 

 

この頃して頂いたことを

自分なりに社会に還元して行きたくて

自営業という道を

選んでいるのかも知れません

 

 

そして

少しずつ小さな事からですが

周りに提供出来る様に

行動を始めています