· 

エンディングノート|始めました

 

愛知県名古屋市の整理収納アドバイザー

小川 奈々です

 

来月ご年配の方向けに

整理収納講座をさせて頂くので

どんな内容がいいか色々と考えていました

 

ふと目に止まったのが

エンディングノート

 

終活なんてまだまだ先の事で

還暦を過ぎてからでいいと

思う読者さんも多いかと思いますが

 

実際は

40代から始めるといいと言われています

 

ビックリ!!ですよね?

 

今回選んだのは

KOKUYOの

もしもの時に役立つノート

 

空欄を埋めて行くだけでノートが完成するので

書きやすいです

 

我が家の場合は

保険・年金・銀行・重要な連絡先

など

ほとんど全て私が管理しているので

 

私に万が一があった場合

主人がこれを1冊読めば分かる様に

準備しておかなければいけないと

痛感しました

 

●大切な人へのメッセージ

 

想像するだけで泣けて来る…

生きている内に

大切な人に会って直接

「ありがとう」を沢山言っておこうと

思いました

 

 

親族表

 

結婚して親戚が増えて

管理し切れなくなっていたので

一度こうして表にしておくと

便利だと感じました

 

パスワード

 

記載しない様にと書かれています

そうですよね

書き込み過ぎるのも危険ですよね

書かずにどうやって伝えるか…

変更の度に口頭で伝えておくのが良さそうです

 

沢山あり過ぎるのでやはり

「整理」が必要だと感じました

 

葬儀について

 

・葬儀で使用したい音楽:結婚式の入場で使った安室ちゃんの曲

・棺に入れてほしいもの:結婚指輪

 

この辺りから涙で筆が進まなくなって来ました…

 

自身の人生の最後を想像した時に

天国に持って行きたいものは

主人と過ごした結婚生活の思い出丸ごとなんだと

気付いてしまいました…

 

 

何気ない当たり前の様な毎日

当然の様に身に付けている結婚指輪

家事が面倒に思う時もあるし

出張の際には気楽だなと思う時も正直あります

 

だけど

 

ご飯を作って食べてくれる相手が居ることが

どんなに幸せなことなのか…

 

エンディングノートを書き終わる頃には

すっかりマインドが変わり

相手を思って家の事に

手が動く様になって来ました

 

少しはしおらしくなれたかも😉

(一石二鳥!)

 

家事に向き合う時って

「気持ち」の部分が大きかったり大切だと思うので

 

皆様にも

一度書いて頂けたらな

なんて思いました

 

得た「気付き」が

今後の「コンパス」になってくれる様に

感じました