· 

週末は冷凍庫の整理

愛知県名古屋市の整理収納アドバイザー

小川奈々です

 

お弁当を作ろうと張り切っていた頃に

ストックしておいた小分けの冷凍お惣菜

 

作れない日用に詰めるだけで済む

市販の冷凍お惣菜

 

昨夜

夕飯が終わって第二ラウンドの晩酌時に

出してみました

 

意外に好評😊

 

「これ何?」

「かぼちゃコロッケだよ〜」

 

小さなオムレツにはケチャップたっぷり掛けて

何だか笑える程楽しい!!

 

「お弁当用だからお弁当に入れなくては」

 

こんな強い固定観念がありましたが

おつまみで食べれば良かったのですね

大きな気付きでした

 

何で今まで気が付かなかったんだろう…

酔っ払っている頃の方が盛り上がると思われます…(笑)

 

着々とミイラ化した冷凍庫の食材が

減って来ています

 

同時に

自分がどう暮らしたいかとも

向き合えています

 

ーーーーーー

 

昨年 2017年秋から

整理収納アカデミアの為

東京通いの生活が始まりました

 

新幹線代・宿泊費・

学費などで年間70万円以上掛かるので

仕事のペースも落とせません

 

今年 2018年2月には

自身のOfficeをOpenさせました

固定費ががっつり掛かる様になったので

益々仕事を頑張らなくてはならなくなりました

 

企業実践で東京都の某企業を片付けていた際は

暗い内に家を出て現場仕事をし

深夜に帰宅する日帰り出張も続きました

 

何かを手放さないと回らない

 

自ずと

家事整理®が進みました

 

手放したことの一つが「お弁当作り」

 

私がやらなくても何とかしてもらえる事

(例えば外食をしたりテイクアウトで済むこと)は

申し訳無いけど辞めさせてもらいました

 

お弁当のストックを冷凍庫に抱えていたのは

「いつか時間が出来たらお弁当作りを復活させたい」

そんな気持ちがあったからだと思います

 

だけど

ライフスタイル的に

深夜帰宅の主人の夕飯支度と早朝のお弁当作りは

相性が悪いし無理がある

 

ようやく心底そう思えて

本当の意味で手放せたのかも知れません…

 

家事整理®は奥深いです